§過去はうつろいと共にシリーズ2006年作品

事実は、何かの手段で語られたり、記憶を誰かと共有しなければ、一人の記憶の中でブレ始め、いつか思い出されなくなります。
勘違いでも、美化していても、過去の記憶を誰かと共有していたいのです。
If I cannot share memory of the past with somebody ,it fade away in my memory. And it is not remembered forever.
However if I misunderstand my memories, I want to share them with somebody.